おなかの痛みと風邪との関係

風邪は、主にウイルス感染による鼻腔や咽頭等の上気道の炎症性の病気で、せき、のどの痛み、鼻水、鼻閉など局部症状、および発熱、体のだるさ、頭痛など全身症状が出現した状態を指します。このことから上気道感染とも呼ばれます。

風邪は、それ一つの単一の疾患ではなく、医学的にはかぜ症候群として、急性鼻咽頭炎(普通感冒)から急性喉頭炎、咽頭結膜熱、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎等までの総称だが、全身症状がことに強く、時に重症化するインフルエンザ(流行性感冒;流感)は、風邪とは区別して扱われることが多い。

さらに、消化管のウイルス感染によって嘔吐、下痢、おなか痛などのおなかの症状と上記全身症状を来した状態を、「おなか風邪」と呼ぶこともあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。